fbpx

とっておきの地域密着ビール

ビールは発酵の違いによって上面発酵、下面発酵、自然発酵の3種類に分けられます。このうち自然発酵のビールは自然に生息する、天然の酵母を使います。世界的にもこの造り方は稀で、ベルギーのランビックが有名です。
ということで、私たちが普段口にしているのは、上面発酵か下面発酵、どちらかのビールになります。

上面発酵(エール)の方が歴史は古いのですが、下面発酵(ラガー)は中世以降に始まり、19世紀以降、世界的に主流となりました。 下面発酵(ラガー)は低温で発酵が行われるため、雑菌が繁殖しにくく製造管理がしやすいといったメリットがあり、一定の品質を保ったビールを大量生産するのに向いていたからです。
私たちがよく目にする大手ビールメーカーのビールも、ほとんどがこのラガーのピルスナーという種類で、世界で最も普及しています。 

歴史

古い

新しい

温度

常温(15〜25℃)

低温(0〜10℃)

発酵期間短い(3〜4日)長い(7〜10日)
特徴

芳酵で濃厚

スッキリ
楽しみ方

フルーティーな香りと味わいを楽しむ

喉越しを楽しむ
種類

日本の99%を占めるビール

クラフトビール

ラガービールとエールビールは、製造方法も起源も違います。
味や風味にもそれぞれ特徴があるため、飲み比べ、ご自身の好みを見つけてみてください!